1日3パックの納豆を食べて腸内環境を改善した友人

近ごろ私の友人の1人が、ちょっとお通じが良くなってきたようです。なぜお通じが良くなってきたかと言うと、このところ友人は納豆を積極的に摂取しているのだそうです。しかもかなり多くの納豆を、摂取しているようですね。

 

お通じが良くなかったので2つの食品に注目した友人

 

まず今から1ヶ月前なのですが、ちょっと友人のお通じの調子があまり良くなくなってきたそうです。あまり出てこなくなってしまったので、ちょっと何とかする必要があると感じたようですね

 

出典:乳酸菌で体質改善!免疫アップでインフルエンザ知らず

 

それで友人は、インターネットでお通じを良くする為の方法を色々と調べてみたのだそうです。いわゆる腸内環境を良くする方法を調べた訳ですね。その結果、友人は2つの食材に注目したようです。

 

まずヨーグルトですね。ご存知の通りヨーグルトは、お通じを良くする効果があるからです。それともう1つは納豆なのですが、友人の場合はそれを食べた量が特徴的ですね。

 

毎日3パック食べて腸内環境が改善された

 

納豆は、コンビニなどでは大抵パックに入っています。それも1つのパックで販売されているのではなく、複数のパックがまとめて販売されている事が多いですね。たいていの納豆の製品は、3パックタイプになります。商品によっては2パックのタイプもありますが、やはり大部分は3パックですね。

 

そして友人は、その3パックを毎日食べたそうです。1ヶ月前から腸内環境が悪くなっていた訳ですから、少なくとも1ヶ月は毎日3パックを食べていたことになります。すごい話ですね。

 

友人が1ヶ月ほどそれを試みた結果、冒頭で申し上げたような通りの状況になったそうです。ですので納豆とヨーグルトは、友人に対して良い影響があったのでしょう。

 

それにしても毎日3パックというのは、少々やり過ぎな感もあります。毎日3パックは多いにしても、1日に1パック程度はそれを摂取するよう心がけるのが良いと思いますね。